MJCマリン賞 受賞者
※敬称略


<2016年>

■大賞
高山大智/中野翔太

420級世界選手権で日本人初の優勝。


■マリン賞
可児市B&G指導者会
海なし県でマリンスポーツの普及発展を目指す。

●マリン賞
NPO法人 海の達人
障がい者も楽しめるマリンレジャーの普及。

●マリン賞
タモリ
日本一楽しいヨットレースをプロデュース。

<2015年>

■大賞
山本真也/北川真理

アジアパラリンピック2014のセーリング競技で銀メダル。


■マリン賞
久米由紀子
2014年IJSBAファイナルで悲願の優勝。

●マリン賞
フリーダイビング日本女子代表「人魚ジャパン」
2008年の世界選手権から4大会連続でメダル獲得。

●マリン賞
田邊英蔵
32年間にわたって人気コラムを執筆。日本のマリン文化育成に貢献。

<2014年>

■大賞
2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権実行委員会

ブラインドセーリングの魅力を伝え、念願の世界選手権を成功裏に運営。


■スポーツ・アドベンチャー部門
岩本光弘/辛坊治郎
ハンディを抱えながらダブルハンドで太平洋横断に挑戦。そのチャレンジ精神。

●文化/普及部門
公益財団法人みちのく北方漁船博物館財団
古来の北前型弁才船を復元し航海を実現、東北復興を支援。

●安全/環境部門
森重裕二
子どもたちのライフジャケット着用を推進する草の根活動を5年にわたって実施。


<2013年>

■大賞
大阪市帆船「あこがれ」
一般市民が体験できる唯一のセールトレーニング事業を20年に渡って実施。


■スポーツ・アドベンチャー部門

小野信昭

海のある日本のすべての都道府県でカートップボートを体験。

■文化・普及部門
大城清
糸満式サパニの伝統的な造船技術と帆漕技術の継承。


■安全・環境部門
出張寺子屋マリンスクール
専用トラックに機材を積み込み出張で水辺の安全教室を開催

<2012年>

■大賞
関野吉晴
インドネシア・スラウェシ島から石垣島まで手作りの丸木舟による航海。

■スポーツ・アドベンチャー部門
立尾征男
艪漕ぎボートでアメリカ西海岸よりハワイにいたる約4000キロを走破。

■文化・普及部門
NPO Blue Life
釣り人によるチャリティイベントの積極開催。

■安全・環境部門
今崎真幸
津波の浸水で孤立した市民約100人を水上バイクで救助。

<2011年>

■大賞
服部善郎
ヘミングウェイ、ウォルトンらに肩を並べるIGFA殿堂入り。

■スポーツ・アドベンチャー部門
ザ・リバーフェイス 
女子ラフティングの純正アマチュアチームとして世界選手権制覇。

■安全・環境部門
ウォーターセーフティーニッポン 
ウォーターワイズの概念を取り入れた安全普及活動を推進。

<2010年>

■大賞
座間味村立座間味中学校「海学校」 
21マイルを漕ぎ渡るサバニ帆漕レースに連続出場。

■安全・環境部門
秋山治 
日本各地の名湖・52湖をセーリングカヌーで帆走 。

■スポーツ・アドベンチャー部門
篠宮龍三 
フリーダイビングで水深107メートルの日本新記録を樹立。

■文化・普及部門
Tadami 
関東から瀬戸内海にいたる合計59の「海の駅」をマイボートで訪問。

<2009年>

■大賞
若林友世 
OP級世界選手権で初の日本人チャンピオン 。

■文化・環境部門
本宮ひろ志 
作品「風の陣」でヨットの認知拡大にも寄与 。

■マリンスポーツ部門
堀内浩太郎 
漕艇のマスターズ世界選手権で金メダル 。

■安全・普及部門
ジャパンゲームフィッシュ協会 
「下田国際カジキ釣り大会」が30周年。ビッグゲームフィッシング普及。

<2008年>

■大賞
鹿取正信 
エミレーツ・チームニュージーランドのメンバーとして日本人で初めてアメリカズカップ本戦に参加。

■文化・環境部門
瀬川洸城 
国内最大規模のオープンヨットレース「阿波踊りヨットレース」の運営に尽力。

■マリンスポーツ部門
近藤愛/鎌田奈緒子 
男女混合で行われる全日本470級ヨット選手権において女子セーラーとして初の優勝。

■安全・普及部門
宮崎市消防団「水上バイク隊」 
2005年の水害での救助活動を機に全国初のケースとして結成。

<2007年>

■大賞
日本視覚障害者セーリング協会 
光を失う絶望から希望へと向かうきっかけを、セーリングにより実現したいと活動。

■文化・環境部門
茂在寅男 
古代の航海術や海底遺物の発掘などで数々の業績を残し、航海術の歴史的解明などユニークな研究。

■マリンスポーツ部門
近藤愛/鎌田奈緒子 
女子470級世界選手権で、見事銀メダルを獲得。

■安全・普及部門
井坂啓己(ドジ井坂) 
ビーチを会場に通年様々なイベントを仕掛け、その活動は全国に広がりつつある。

<2006年>


■大賞
尾澤聖子 
2005年「IJSBAワールドファイナル」のプロ-アマ・ウィメン・スキークラスにおいて、ワールドチャンピオンを獲得。

■文化・環境部門
妹尾達樹 
瀬戸内アンカレッジネットワークを設立し、海を通じての文化の高揚を模索。

■マリンスポーツ部門
斉藤航/吉永弘斗 
ISAFユースワールド2005の420級(32カ国参加)で銀メダルを獲得。

■安全・普及部門
山田和子 
小笠原に在住し、アマチュア無線でクルージングボートのサポートを25年にわたって続けてきた。

<2005年>

■大賞 
関一人/轟賢二郎 
アテネ五輪セーリング競技で日本男子初のメダル獲得。

■文化・環境部門
真久田 正 
沖縄の古語おもろ語で海と船の世界を表現。

■マリンスポーツ部門
今給黎教子 
セーリングカヌーで3000 kmの日本縦断航海に成功。

■安全・普及部門
南藤嘉久 
モーターボートによる57日間で日本一周。

<2004年>

■大賞
白石康次郎 
アラウンドアローン単独世界一周ヨットレースに初挑戦、完走。

■文化・環境部門
国立室戸少年自然の家 
日本版ウオーターワイズを実施。

■安全・普及部門
野間 寅美 
マリンレジャーの健全な普及と安全思想の啓発を継続。

■特別賞
堀江謙一 
40年後に再度単独無寄港世界一周、04年に出港。

<2003年>


■大賞
飯束潮吹/木内蓉子 
釜山アジア大会ヨット競技で金銀メダル獲得。

■文化・環境部門
大橋郁夫 
船舶関連の書籍、雑誌6000冊蔵書の図書館を公開。

■マリンスポーツ部門
高野光哉 
水上バイクでアマゾン川を巡る冒険ツーリング成功。

■奨励賞
ライフジャケットの常時着用を推進する会 
ライフジャケットの着用率向上で事故防止を目指す。

<2002年>

■大賞
斉藤 実 
ヨット酒呑童子で39万4900キロ、6度の地球一周を達成。

■文化・環境部門
帆かけサバニ保存会 
復元した帆装のサバニ。サンゴの海でレース開催。

■マリンスポーツ部門
三浦 寛 
還暦、定年を祝ってシーカヤック日本一周に挑戦、達成。

<2001年>

■大賞
畠山重篤 
宮城県の牡蠣養殖業者。植林活動で海の環境保全。

■カルチャー部門
鈴木光司 
ベストセラー作家。数々の長距離クルージングで話題提供。

■マリンスポーツ部門
佐久間文子 
日本最大のクロカジキ(428 kg)を釣り上げる。

■エコロジー部門
パパラギ海と自然の教室 
海洋生物との接し方、自然環境の楽しみ方などを次世代に広める活動。

■セーフティ部門
日本水難救済会 
明治22年以来、海難救助に関する事業に取り組む。



シェア