マリンジャーナリスト会議は、マリンスポーツ専門誌の編集長など、マリンスポーツ&レジャーの現場で活動するマリンジャーナリストと、マリンに関心を持つジャーナリズム関係者・有志の集りです。7月の祝日『海の日』にボート、ヨット、パーソナルウォータークラフト等のオーナーに無料体験試乗会の開催を呼びかける<海と遊ぼう720>キャンペーンをはじめ、様々な活動を通してマリンレジャーの健全な発展と安全普及をめざしています。


■MJCが選んだ「2016年マリン10大ニュース」

マリンジャーナリスト会議(MJC)」では、2016年のマリン関連ニュースをランク付けし、10大ニュースをまとめました。

※2016年マリン10大ニュースの詳細はこちらから


【1位】

アメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡大会開催
【2位】
白石康次郎、世界一過酷なヨットレース「ヴァンデ・グローブ」をスタートするも、
無念のリタイア
【3位】
リオ五輪、カヌー・スラローム男子カナディアンシングルで、羽根田卓也が銅。
カヌー競技でアジア人初のメダル
【4位】
ライフジャケット着用義務化へ、国交省・水産庁合同会議で合意
【5位】
快挙、岡田・木村、金メダル獲得!ドイツ470級ジュニア世界選手
【6位】
小型船衝突防ぐアプリ。国交省が普及へ向け実証実験を実施
【7位】
ふるさと納税で新居浜マリーナの係留料が無料に
【8位】
東京オリンピック追加種目にサーフィン
【9位】
戦艦大和を呉市が調査。デジタル映像を公開
【10位】
小池百合子知事が築地市場(中央区)の移転を延期すると発表

※2016年マリン10大ニュースの詳細はこちらから






シェア